給料日の翌日は毎月風俗を利用している私が集めた体験談の数々、良ければ読んでみてください!

性風俗と犯罪

投稿日:2017年1月12日

男性のほとんどが性的欲求を常に抱えています。ですから、中には道端にいる女性を襲いたいといった願望が出てくるかもしれません。日本も確かに、このような事件が起きています。しかし、世界から見れば、まだまだ少ないです。それはなぜか?と言いますと、性風俗があるからです。このような仕事は疑似体験が出来ることから自分があたかも相手を襲うような感覚になったりして欲求を満たしているからです。このように考えると、性風俗と言うのは、男性の欲望・欲求を叶えてあげて、実際に犯罪を犯さないようにするための処置だと言えるでしょう。こんな考え方をしている人は少ないかもしれませんが「溜まったらデリヘルで発散する」というような選択があるからこそ自分たちは間違いを犯さないで済んでいるのです。もしこれで、このような仕事がなく溜まるだけでしたら、間違いや女の子を襲う事になっていたかもしれません。性風俗とは、自分の欲求を満たすだけではなく、自分の中にある願望・欲求を疑似体験して消化させていく役割もあるのです。僕はそんなことを思って、いつもありがとうと言いながら、風俗遊びに興じています。

性風俗の現状

性風俗は儲かっているのか?と言いますと、儲かっているところは本当にたくさんあります。特にデリヘルが性風俗の中で成功していると言えるでしょう。完全歩合制なので、時間給といったコストがいらない。店舗を構えないで済むといったことから、本当にコストが低く、それでいて値段もほかのと比べて少し割高だからと言ってもいいでしょう。しかし、全ての店舗が儲かっているか?と言われると、そうではなく、風俗文化の栄えているエリアはまさに激戦区ですので少しでもサービスを緩めてしまうと、全然お客さんが入らなくなってしまったりします。だから常に一定のサービス以上をしないといけないため、その分のコストがかかってしまいます。一方で店舗数の少ないところはリーズナブルで値段でやっている場合が多いので、儲けもそこまでないと言えるでしょう。繁栄しているように思える性風俗ですが、やはり不況ということもあり、差が凄くあると言えるでしょう。ただ、成功しやすいビジネスであることは間違いありません。個人的にはやはり、質の高いプレイを望むなら、繁栄しているお店をチョイスしたいので、その点を考えながらお店をチョイスしていますね。